リサイクル料金の金額の違い

numbber300使用済自動車の再資源化等に関する法律(自動車リサイクル法)は、自動車のリサイクルを支援するために作られた法律ですが、自動車の所有者は自動車を廃棄する際リサイクルのために必要となる費用を支払う必要があります。いくらリサイクルのためとは言っても出来る限り出費は抑えたいという方も多いと思いますが、リサイクル料金は一体どのくらい掛かるのでしょうか。

 

リサイクル料金は様々な条件によって変化しますが基本的にはリサイクルした際どれだけごみが残るか、処理が難しいパーツを取り除く際どの程度の手間が掛かるかによって決定します。例えば自動車メーカーごとにパーツの取りにくさは大きく異なりますし、エアバッグが多い自動車はそれらを取り外す手間が掛かります。ワゴンなどの大型自動車と軽自動車を比較すれば破砕ごみが多く出るのはワゴンのほうでしょう。

 

一般家庭で利用されるような普通乗用車のリサイクル料金はおよそ1万円から1万8千円とされており、パーツが取りにくい自動車メーカーの自動車を所有していたり、エアバッグなどの装備が充実している自動車に乗っている方は多く料金を支払う可能性があるので、リサイクル料金をどれだけ支払えば良いのか気になる方はチェックしてみましょう。