自動車リサイクル法と悪徳業者

使用済自動車の再資源化等に関する法律(自動車リサイクル法)は、自動車のリサイクルを円滑に進めるために施行された法律で、リサイクルする際に残ってしまった破砕ごみやガスなどを正しい手順で処理するための資金を用意するために自動車の所有者にリサイクル費の支払いを義務付けたり正しい基準の下処理を行うよう各業者に徹底させることで自動車のリサイクルをより広めていくために作られました。しかし自動車リサイクルを利用して不当な利益を生み出す悪徳企業が問題になってきています。

 

原則自動車リサイクル料金は自動車を購入した時に支払う必要があるのですが、自動車を廃棄せずに中古車として売却する際にリサイクル料金は戻ってくるようになっています。ところが悪徳業者の中にはリサイクル料金の返還制度について一切話さずそのままにしておいてその自動車を購入した人が支払ったリサイクル料金を懐に納めてしまうところがあるそうです。当然こういった行為は法律違反にあたるのでこうしたトラブルに巻き込まれないように自動車を売却する際は気をつけるようにしましょう。その他にも自動車がらみの悪質業者は数多く存在するので自動車を処分する時のために信頼できる業者を探しておくのも良いかもしれません。