ガスの処理

自動車は全体重量の8割をリサイクルする事が出来るといわれており、廃棄することになった自動車は解体業者などによって様々なパーツに分解されてリサイクルされます。しかし全体重寮の20%はリサイクルする事が出来ないので専門業者に依頼して処理しなければならず、使用済自動車の再資源化等に関する法律が施行される前はこのリサイクルする事が出来ないごみの処理が大きな問題となっていました。特に自動車に利用されているガスは環境破壊に多大な影響を及ぼすとして自動車にまつわる様々なルールに影響を与えたといいます。

自動車に搭載されているエアバッグやカーエアコンにはエアバックを膨らませたり、エアコンの冷媒としてガスが使われているのですが、昔の自動車はカーエアコンのガスにフロンガスが使われていました。このフロンガスは空気中に排出されることによってオゾン層を破壊し、地球温暖化などの原因になるとして使用が禁止されたのですが、その事が分かる前に作られた自動車を廃棄するとき専門の処理を行うための費用を出したくなかった悪質な業者がフロンガスが含まれたパーツ類を不法投棄する事件が頻発し、こうした事件を減らすためにリサイクル費を所有者などに支払わせる使用済自動車の再資源化等に関する法律が施行されました。