廃棄自動車による環境破壊

使用済自動車の再資源化等に関する法律が生まれるきっかけは廃棄自動車による環境破壊だといいます。自動車に利用されている金属や機械類は様々な形でリサイクルする事が出来ることから昔から廃棄自動車は分解して各パーツごとに様々な業者で再利用していました。ですが自動車のリサイクルにはとある費用が必要で、その費用の支払いを回避するために廃棄自動車から発生したごみの不法投棄が相次ぎ、環境破壊を招いたとして大きな問題となりました。この問題を回避するために生まれたのが使用済自動車の再資源化等に関する法律なのだそうです。

自動車のリサイクルに掛かる費用のうちかなりの割合を占めるのがどうしてもリサイクルすること事が出来ないごみの処理費用です。例えばエアバックやカーエアコンに利用されているガスは再利用しようが無いため専門の処理施設で処理してもらわなければならないのですが、この時掛かる費用を昔は処理業者が全て支払っていたためその支払いを避けるためにガスを大量に含んだスクラップを不法投棄する業者が急増しました。おまけに昔はカーエアコンにフロンガスを用いていたためそれが原因で環境破壊が起きている事が問題となり、それらを処理するための支援として使用済自動車の再資源化等に関する法律が生まれたのです。