リサイクル料金の支払い

使用済自動車の再資源化等に関する法律(自動車リサイクル法)は自動車を所有している人に対してリサイクル料金の支払いを義務付けています。基本的には自動車の所有者に関係するのはリサイクル料金の支払いだけなのでこの法律についてそれほど深く考える必要はありませんが、中には支払われたリサイクル料金が何のために利用されているのか気になる方もいるかと思います。支払われたリサイクル料金は一体どのような形で利用されるのでしょうか。

 

自動車を購入する際支払ったリサイクル料金はすぐに使われること無く資金管理法人自動車リサイクル促進センター)が預かり、リサイクル料金が支払われた自動車が廃棄処分されることになるまで情報を保管し続けます。その後自動車を廃棄することになったらその自動車はバラバラにされて各パーツごとに専門の業者が再利用したり処分したりして自動車の廃棄は完了します。リサイクル料金が具体的に使用されるのはこのタイミングで、自動車を廃棄するときに残ったごみを専門機関で廃棄するのに必要な費用として利用されています。この制度のおかげで今まで自腹を切るしかなった業者の負担も減少し、クリーニングを手軽に行なう事が出来るようになったそうです。