自動車リサイクル法が作られた理由

使用済自動車の再資源化等に関する法律(自動車リサイクル法)は自動車のリサイクルをより円滑に行うために作られた法律です。この法律が生まれる前から自動車はリサイクルがしやすいことで知られており、総重量のおよそ8割は新しいパーツなどに再利用する事が出来るそうですが、それならどうしてわざわざ自動車リサイクル法をつくらなればならなかったのでしょうか。

 

自動車リサイクル法の目的は自動車のリサイクルを円滑に行うのと共にリサイクルの際に発生するごみを正しい方法で処理させるために作られたといいます。自動車は総重量の8割をリサイクルする事が出来るといいますが、残りの20%は特殊なガスが含まれているエアバッグやカーエアコン、自動車の駆動系を滑らかに動かすためのオイルなど特別な処理が必要なごみで、適当に処理を行うと環境に大きなダメージを与えることになります。

 

正しい処理を行うにはそれなりの費用が必要になるため、自動車リサイクル法によって回収されたリサイクル用金のほとんどはこの特殊なごみの処理の費用として活用されているのだそうです。自動車リサイクル法が出来る前は特殊なごみの不法投棄が相次いでいたのですが、この法律のおかげで自動車のリサイクルはより綺麗な形で行われるようになったといいます。